コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤソフィア アヤソフィア Ayasofya

2件 の用語解説(アヤソフィアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アヤソフィア(Ayasofya)

《「アギアソフィア」「ハギアソフィア」とも》
トルコ北西部の都市イスタンブールにある大聖堂。4世紀、東ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の時代に建立された聖堂に起源し、2度の大火で焼失した後、6世紀にユスティニアヌス1世によって建造。直径33メートル、高さ56メートルという大ドームをもつ。コンスタンチノープルの陥落以降、オスマン帝国スルターンメフメット2世によってイスラム寺院に転用され、ミフラーブ(壁龕(へきがん))と4本の尖塔が加わり、モザイク画が漆喰(しっくい)で塗りつぶされた。現在は博物館になっている。1985年に「イスタンブール歴史地区」として世界遺産文化遺産)に登録された主要な歴史的建造物の一つであり、ビザンチン建築の傑作と称される。聖ソフィア大聖堂
トルコ北東部の都市トラブゾンにある後期ビザンチン様式の教会。5世紀の創建。13世紀に東ローマ皇帝マヌエル1世により改築された。オスマン帝国時代にイスラム寺院に転用されたが、現在は博物館になっている。堂内には最後の晩餐(ばんさん)や聖母マリアを描いたフレスコ画が残り、ビザンチン美術の傑作として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アヤソフィア【Ayasofya】

トルコのイスタンブールにあるビザンチン様式の教会堂建築。350年に創建。537年にユスティニアヌス一世によって再建されたが、1453年にオスマン帝国によって征服された後はモスクとなった。1935年以降は博物館として使用。ハギヤソフィア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヤソフィアの関連キーワードハギヤソフィアアギアソフィア教会アギアソフィア聖堂Αγία Σοφίαハギアソフィア大聖堂メタルギア ソリッド インテグラルメタルギア ソリッド ザ・ツインスネークスメタルギア ソリッド2 サブスタンスハギア・ソフィアハギア・ソフィア(トラブゾン)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヤソフィアの関連情報