コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤソフィア Ayasofya

デジタル大辞泉の解説

アヤソフィア(Ayasofya)

《「アギアソフィア」「ハギアソフィア」とも》
トルコ北西部の都市イスタンブールにある大聖堂。4世紀、東ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の時代に建立された聖堂に起源し、2度の大火で焼失した後、6世紀にユスティニアヌス1世によって建造。直径33メートル、高さ56メートルという大ドームをもつ。コンスタンチノープルの陥落以降、オスマン帝国スルターンメフメット2世によってイスラム寺院に転用され、ミフラーブ(壁龕(へきがん))と4本の尖塔が加わり、モザイク画が漆喰(しっくい)で塗りつぶされた。現在は博物館になっている。1985年に「イスタンブール歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された主要な歴史的建造物の一つであり、ビザンチン建築の傑作と称される。聖ソフィア大聖堂
トルコ北東部の都市トラブゾンにある後期ビザンチン様式の教会。5世紀の創建。13世紀に東ローマ皇帝マヌエル1世により改築された。オスマン帝国時代にイスラム寺院に転用されたが、現在は博物館になっている。堂内には最後の晩餐(ばんさん)や聖母マリアを描いたフレスコ画が残り、ビザンチン美術の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アヤソフィア【Ayasofya】

トルコのイスタンブールにあるビザンチン様式の教会堂建築。350年に創建。537年にユスティニアヌス一世によって再建されたが、1453年にオスマン帝国によって征服された後はモスクとなった。1935年以降は博物館として使用。ハギヤソフィア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アヤソフィアの関連キーワードハギア・ソフィア[イスタンブール]ララムスタファパシャモスクイスタンブール歴史地域ハギアソフィア大聖堂ゼイレックモスクハギア・ソフィアハギヤソフィアミニアトゥルクセリミエモスクメフメットラテン帝国教会堂建築ビザンチン七不思議モスク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヤソフィアの関連情報