アユーブ・ハーン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アユーブ・ハーン
あゆーぶはーん
Muhammad Ayb Khn
(1907―1974)

パキスタンの軍人、政治家。北西辺境州ハザーラー県でパシュトゥン(パターン)人の軍人、地主の家に生まれる。アリーガル大学、イギリス王立陸軍士官学校を経て、1928年イギリス領インド陸軍に任官。1947年のパキスタン独立時には陸軍大佐、1951年にパキスタン人最初の陸軍総司令官、1954年に国防相となる。1958年10月無血クーデターで政権を掌握し、大統領に就任した。1959年官僚統治と間接選挙制を織り交ぜた基礎的民主制を導入し、1962年の第二次共和国憲法で強権的支配体制を確立した。対外的には、1962年中印国境紛争を契機に中国に接近、「等距離」自主外交を展開した。1968年末から強権政治、経済的不平等などに対する不満から反政府運動が激化し、1969年3月全権を陸軍総司令官ヤヒヤー・ハーンAgha Muhammad Yahya Khan(1917―1980)に委譲した。1974年4月20日病死した。[浜口恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android