コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アライド・ケミカル アライド・ケミカル Allied Chemical Corp.

2件 の用語解説(アライド・ケミカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アライド・ケミカル
アライド・ケミカル
Allied Chemical Corp.

アメリカの化学会社。アライド・シグナルの前身企業。 1920年にソーダメーカーその他の5社が合併してアライド・ケミカル・アンド・ダイとして設立。 58年アライド・ケミカルと改称。無機化学分野から出発して,ナイロンアンモニア,硫安,尿素に進出,60年代にはプラスチック部門,エネルギー部門を強化し,70年代は石油,天然ガスの開発を進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アライド・ケミカル
あらいどけみかる
Allied Chemical

1920年の設立以来、アメリカの大手化学会社として躍進したが、1970年代に石油・ガス事業に傾注、1980年代にはいっそうの多角化を目ざし社名をアライド・コーポレーションに改称。航空宇宙機器、自動車部品メーカーの買収、石油・ガス事業からの撤退を経て、1985年アライド・シグナルに改称ののち、1998年ハネウェル社と合併、現在はハネウェル・インターナショナルの社名で航空機部品、各種自動制御機器などの製造を行う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アライド・ケミカルの関連キーワードアメリカの声シリマンアメリカ化学会Notchシグナルアメリカの没落アメリカの夢アメリカ アメリカアメリカの影シグナルフロートハンドシグナル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone