コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラコウモリ

世界大百科事典 第2版の解説

アラコウモリ

気が荒く,肉食性の翼手目アラコウモリ科アラコウモリ属Megadermaに属する哺乳類の総称。外形がチスイコウモリに似るので,チスイコウモリモドキfalse vampirebatの名がある。東南アジアに2種がいる。インドアラコウモリ(オオアラコウモリ)M.lyraはアフガニスタンからマレーシア,スリランカ,中国南部まで分布する。体長7.5~9cm,前腕長6.5~7.5cm,体重40~60g前後。耳介は大きく先が丸く,左右の耳介は頭頂で合一する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラコウモリ
あらこうもり / 荒蝙蝠
false vampire bat

哺乳(ほにゅう)綱翼手目アラコウモリ科に属する動物の総称。同科Megadermatidaeは外形がチスイコウモリに似るので、チスイコウモリモドキの別名がある。オーストラリア、東南アジア、アフリカに分布する。同科には、オオアラコウモリMacroderma gigas、インドアラコウモリMegaderma lyra、マライアラコウモリMegaderma spasma、アフリカアラコウモリCardioderma corなど3属5種がある。頭胴長6.5~14センチメートル、前腕長5~11センチメートルで、種によって大きさが異なる。耳は大きく、先が丸く、左右の基部は付着する。耳の前方基部に先端が2葉に分かれた耳珠(じしゅ)がある。尾はまったくない。顔の中央部に前後に細長く伸びる長方形の鼻葉と、その中央部にくさび形の付属葉がある。上の門歯がなく、上犬歯が前方に突出する。洞窟(どうくつ)、樹洞、岩の割れ目、人家などに3~30頭、ときに1000頭ほどで群生する。他のコウモリより気が荒く、昆虫のほか、カエル、トカゲ、他種のコウモリ、ネズミなどの小哺乳類を捕食する。妊娠期間は150~160日、1産1~2子。インドアラコウモリは5~6月ごろ出産する。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアラコウモリの言及

【コウモリ(蝙蝠)】より

… その食物は,他の哺乳類に比して著しく変化に富む。オオコウモリ類は主として果実,シタナガコウモリ類は夜開く花のみつや花粉,ウオクイコウモリは魚類,アラコウモリはネズミなどの小動物,チスイコウモリは哺乳類などの生き血,ヒナコウモリ科などの多くはガ,カ,甲虫などの昆虫類を食べる。これらの虫食性のコウモリは1夜に100匹近い虫を食べる。…

※「アラコウモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラコウモリの関連キーワードミゾコウモリ(溝蝙蝠)マレーアラコウモリ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android