コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラバマ号事件(読み)アラバマごうじけん(英語表記)Alabama Claims

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラバマ号事件
アラバマごうじけん
Alabama Claims

アメリカ合衆国の南北戦争中に起こり,イギリスとアメリカの間で戦後まで争われた事件。 1872年国際仲裁裁判所の判決によってイギリス敗訴となった。『アラバマ』は南軍の発注により,イギリスで建造された軍艦で,戦争中,北軍の船舶捕獲に従事していた。このような船の供給はイギリスの中立違反にあたると,北軍ないし統一後のアメリカが非難していた。中立法規と国際裁判の発達に重要な役割を果した。 (→国際仲裁裁判 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラバマごうじけん【アラバマ号事件 The Alabama Case】

アラバマ号は,アメリカ南北戦争に際して中立の地位にあったイギリスの民間造船所に,南軍が発注し,1862年に建造された。建造中におけるアメリカ=北軍の警告と抗議にもかかわらず,建造後同船はポルトガル領アゾレス諸島で武器,弾薬,兵員の供給を受け,64年に撃沈されるまで北軍に属する商船の捕獲に従事し,北軍に多大の損害を与えた。戦後,アメリカの損害賠償請求により,71年の英米のワシントン条約によって仲裁裁判に付せられ,翌72年イギリスの中立義務違反が認定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android