コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アランダム Alundum

百科事典マイペディアの解説

アランダム

アルミナ質の研磨材で,米国ノートン社製の人工コランダムの商品名。一般名として使われることもある。アルミナを溶融し,徐冷して結晶としたもの。硬度が9でダイヤモンド,炭化ケイ素(カーボランダム)に次いで高く,研磨布・紙に加工され,研削砥石耐火材にも用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アランダム【Alundum】

アメリカのノートン社製のアルミナ質研磨材や耐火材につけられた商品名であるが,一般名のように使われることもある。1897年アメリカのヤコブズC.B.Jacobsによって発明されノートン社から発売されたもので,ボーキサイトバン土ケツ岩などのアルミナ鉱石をアーク炉で還元溶融し固化させた純度90~95%くらいの人工コランダム結晶(α‐Al2O3)からなる。1910年にはAl2O399.5%以上の38アランダムが発売された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アランダム【Alundum】

ボーキサイトを電気炉で溶解してつくったもの。アルミナが主成分。硬く、溶融点が高いところから研磨材や耐火材などに用いる。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アランダム
あらんだむ
alundum

アメリカのノートン社製の人造コランダム研磨材の商品名。日本ではこの名が古くから使用されていたため、アルミナ質粒子をさす一般名のように使われている。ボーキサイトをコークスと電気炉内で溶融してつくる溶融アルミナや、アルミナ粉末を粘結剤で成形したのち焼成した焼結アルミナなどがある。硬度は焼結アルミナのほうが溶融アルミナよりやや低い。砥石(といし)、研磨布材として多量に使用される。また、るつぼなど耐火物原料としても使用される。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アランダムの関連キーワードるつぼ(坩堝)濾材乳鉢砥粒