コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラントイン

2件 の用語解説(アラントインの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アラントイン

 C4H6N4O3 (mw158.12).

 プリンが代謝されてできる化合物.プリン代謝でできた尿酸が,多くの哺乳類ではさらに尿酸オキシダーゼによって代謝されて,水に溶けやすいアラントインとなり排泄される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アラントイン

薬に含まれる成分のひとつ。組織修復成分、痒み・腫れ・痛みなどを抑える成分があり、皮膚塗布薬、点眼薬に含有。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラントインの関連キーワード樋口冬康嘉保イボテン酸エナント酸エチルデシルアルコール国包(12代)アルベニス:12の性格的な小品集/piano soloアルカン:12ヶ月集 12の性格的な小品/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラントインの関連情報