アリアバータ(英語表記)Āryabhata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アリアバータ」の解説

アリアバータ
Āryabhata

[生]476. クスマプーラ
[没]550頃
インドの数学者,天文学者。 499年に,当時としては,最も完成された数学的手法を用いて"Aryabhatiya"という書物を著わした。そのおもな業績は,天文学と球面三角法に関するものであるが,そのほか,数論,代数学平面三角法についても多くの仕事を残している。彼はまた円周率の正確な近似値 (3.1416) を計算している。天文学の分野では,天体の見かけ上の運動は地球の自転によって説明できると信じていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android