コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリスチッポス Aristippos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリスチッポス
Aristippos

[生]前435. キュレネ
[没]前356頃
ギリシアの哲学者。ソクラテスに師事。のちキュレネに戻りキュレネ派を創設。プロタゴラスの認識論によって個人的な感覚のみを確実なものとし,行為の目的を現在的な快に求めた。それはエピクロスと違って積極的な快であり,肉体的な快楽をよしとするものであるが,快の追求のなかに快についての判断を認める点に,ソクラテスの影響が及んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリスチッポスの関連キーワード享楽主義者マリウス小ソクラテス学派アイスキネス快楽主義レネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android