アリスチッポス(英語表記)Aristippos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アリスチッポス」の解説

アリスチッポス
Aristippos

[生]前435. キュレネ
[]前356頃
ギリシアの哲学者。ソクラテス師事。のちキュレネに戻りキュレネ派を創設。プロタゴラスの認識論によって個人的な感覚のみを確実なものとし,行為の目的を現在的な快に求めた。それはエピクロスと違って積極的な快であり,肉体的な快楽をよしとするものであるが,快の追求のなかに快についての判断を認める点に,ソクラテスの影響が及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android