コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリュート アリュート Aleut

翻訳|Aleut

3件 の用語解説(アリュートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アリュート(Aleut)

アリューシャン列島やアラスカ西部に住む先住民族アレウト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アリュート【Aleut】

アメリカ合衆国、アリューシャン列島に居住する先住民族。ロシア連邦領コマンドル諸島にも住む。自称民族名はウナンガン。アレウト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリュート
ありゅーと
Aleuts

アラスカからカムチャツカ半島に延びるアリューシャン列島に居住する人々。アレウトともいう。18世紀初頭には約2万5000人と推定されていたが、18世紀からのロシア人などのヨーロッパ人の侵入で人口は激減し、1970年には約2000人前後になった。1990年代に入って少し増えているが、そのほとんどが混血しているといわれる。また、ロシア領のコマンドルスキー諸島などに約644人(1989)が居住し、アリューシャン列島以外にアラスカ半島プリビロフ諸島にも分布する。言語はエスキモー語に近い。体格もエスキモーに似ているが、頭がより短頭でかつ長命であるといわれる。考古学的には、エスキモーとともにアジアからアラスカに渡り、約9000年前にアリューシャン列島に広まったと考えられている。主生業はカヤックkayakもしくはバイダルbaydarとよばれる皮製のボートを使った海獣狩猟で、アザラシ、トド、ラッコなどをとった。銃が普及する前は、石製の尖頭(せんとう)器をつけた銛(もり)を投槍(とうそう)器で投げ込んでいた。半地下式の住居に、親族で結ばれた数家族が共同で住み、各住居に首長が1人ずついた。出自は双系的で妻は他の集落から迎えた。祭りには近隣の集落から人が集まり、舞踏、歌合戦、格闘技などの競技が行われた。[佐々木史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリュートの関連キーワードアラスカ海流アリューシャン海溝アリューシャン海流アリューシャン列島キスカ島アリューシャンダッチハーバーアリュート岩アリューシャン[列島]アレウト[列島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリュートの関連情報