アリー効果(読み)アリーコウカ

デジタル大辞泉の解説

アリー‐こうか〔‐カウクワ〕【アリー効果】

alle effect》生物集団の個体密度が繁殖率や生存率に及ぼす現象の一つ。個体密度の増加に伴って生物集団中の個体の適応度が増加する現象をいう。名称は、提唱した米国の生態学者の名前に由来。個体数や個体密度が低下すると、交配相手が減少したり外敵の襲撃から逃れにくくなるため繁殖・生存が困難になり、絶滅の危機が増大するとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

アリー効果【Allee effect】

動物の生存における密集効果のうちプラスの効果のこと.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android