コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴイ アルゴイ Allgäu

2件 の用語解説(アルゴイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴイ
アルゴイ
Allgäu

ドイツ南部,西はボーデン湖から東はレヒ川の間に広がる地方の名称。バイエルン州のほか一部はバーデンウュルテンベルク州に属する。南縁のオーストリア国境にあるアルゴイアーアルペンは,アルプスの前地で,その北側には氷堆石の丘陵地がドナウ川まで連なり,多くの河川が流れ,河岸段丘を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴイ
あるごい
Allgu

ドイツ南部、アルプス北麓(ほくろく)の地方名。オーストリアとの国境をなすアルゴイ・アルプスから北へ向かってしだいに低下する氷堆石(ひょうたいせき)の丘陵と、その間に点在する湖沼や湿地、散村形態の農家が特徴的な風景をなす。牧牛と酪農が広く行われ、特産のチーズが知られている。主要都市は、ケンプテン、フュッセン、インメンシュタット、ゾントホーフェンなどがある。年間を通じて観光地や保養地としてにぎわっている所が多い。[朝野洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルゴイの言及

【ビュルテンベルク】より

…工業の地方中心地としてはなおネッカー川下流のハイルブロン,ドナウ川河畔のウルムがある。上部シュワーベン丘陵地は農業地帯をなすが,アルプスに近い南の高地は酪農が盛んで,ボーデン湖やその東のアルゴイAllgäu地方は観光地としても知られている。
[歴史]
 中世盛期シュタウフェン朝の時代まで,ビュルテンベルクの地はシュワーベン公領に属していたが,その間シュトゥットガルトの近くから出てネッカー川およびレムス川流域の支配者となった貴族の家柄が1135年ビュルテンベルク伯を名乗り,シュタウフェン朝断絶後の大空位時代(1254‐73)に皇帝の所領をも奪って全シュワーベンに支配圏を広げた。…

※「アルゴイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルゴイの関連キーワードシュワーベンスウェーデンバーデンバーデンビュルテンベルクベルヒテスガーデンボーデン湖クロイツボーデンメーアスブルクリンダウバーデンバーデンのクアハウス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone