コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ語族 あるたいごぞく

世界大百科事典内のアルタイ語族の言及

【アルタイ諸語】より

…トルコ語などチュルク語族の諸言語,モンゴル語などモンゴル語族の諸言語,満州語などツングース語族の諸言語の総称。これらの諸言語が互いに親族関係にあってアルタイ語族をなすとの説が有力で,さらに朝鮮語や日本語をも含めた親族関係が問題にされることがある。分布地域は広く,一部で重なり合いながら東ヨーロッパからシベリアに及ぶが,チュルク諸語は中央アジアを中心に東ヨーロッパ,中国西部,シベリアの南部・中部などに話されており,モンゴル諸語はモンゴル,中国の内モンゴル地方を中心に,ボルガ川中流,アフガニスタン,シベリアのバイカル湖付近などに分布する。…

※「アルタイ語族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルタイ語族の関連キーワードウラル=アルタイ諸語ウラルアルタイ語族ブリヤート(民族)エベンキ(民族)アルタイ語系諸族トルコ系諸言語アフガニスタンサハ(民族)ツングース語トンシャン族チュルク諸語アルタイ諸語トルコ系諸族オロチョンスラブ語派森(もり)モンゴル語比較言語学ウラル語族カストレン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android