コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルナルドゥス アルナルドゥスArnaldus Villanovanus

1件 の用語解説(アルナルドゥスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルナルドゥス
Arnaldus Villanovanus

[生]1235? バレンシア近郊
[没]1312?
スペインの医師,錬金術者,宗教家。本名 Arnaud de Villeneuve,英語名 Arnold of Villanova。モンペリエバルセロナ,パリで哲学および医学を教えて名声を博し,また一酸化炭素の毒性などを発見した。教会の弊習を攻撃して異端者と宣告されたが,13世紀で最も高名な医師であったため,宗教上,政治上の影響力がきわめて大きかった。主著"Parabolae medicationis" (箴言) ,"Breviarium practicae" (要覧) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルナルドゥスの関連キーワードザクセンシュピーゲル小倉百人一首嘉禎秋場由香株券商船三井(株)中部国際空港安養院嘉禎錦織寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone