コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルノー・ダニエル Arnaut Daniel

1件 の用語解説(アルノー・ダニエルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルノー・ダニエル【Arnaut Daniel】

12世紀末(1180‐1200ころ)に活躍したトルバドゥール。生没年不詳。13世紀の〈伝記vida〉によれば,ペリグー地方リベラックの出身。きわめて複雑な技法を駆使し,しばしば難解な〈芸術体trobar ric〉を代表する。現存作品は18編,そのうち2編は楽譜つき。きわどい内容の1編を除けば,いずれも恋愛詩,中でも〈われはアルノー,風をとらえ/牛を使って兎狩りをし/上げ潮に逆らって泳ぐ者なり〉で終わる詩が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアルノー・ダニエルの言及

【トルバドゥール】より

…晦渋(かいじゆう)な〈密閉体〉の始祖マルカブリュを除き,3人ともわかりやすい表現を用いた〈平明体〉の詩人である。(2)1170‐1220 トルバドゥール芸術の黄金時代で,〈密閉体〉ないし,きわめて技巧的な〈芸術体〉を駆使した詩人として,ペール・ドーベルニュPeire d’Alvernhe,ランボー・ドランジュRaimbaut d’Orange,そしてダンテの賞賛したアルノー・ダニエルがあげられる。しかし平明でかつ最高の詩人・作曲家は,リムーザンのベルナール・ド・バンタドゥールBernard de Ventadourであった。…

※「アルノー・ダニエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アルノー・ダニエルの関連キーワード源平の合戦武田有義インド哲学デンマーク文学度量衡以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone