コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルノー Arnauld, Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルノー
Arnauld, Antoine

[生]1612.2.6. パリ
[没]1694.8.8. ブリュッセル
フランスの神学者,哲学者。 1632年サン=シランの神父のすすめで法学から神学に転じ,彼の指導下で司祭となり,41年神学博士となる。その頃着手され 43年出版された『頻繁な聖体拝受について』 De la fréquente communionは大成功を収め,師を継いでジャンセニストの理論的主柱となってイエズス会と激しく対立。彼が刊行をすすめたパスカルの『プロバンシアル』の出版された 56年ソルボンヌを追放され,ポール=ロワイヤル・デ・シャンに隠遁。そこで 60年ランスロとともに『ポール=ロワイヤルの文法』 La grammaire générale de Port-Royal,62年ニコルとともに『ポール=ロワイヤルの論理学』 La logique de Port-Royal,67年『新幾何学入門』 Nouveaux éléments de Géométrieを出版。 79年ポール=ロワイヤル・デ・シャンの破壊とともにオランダに亡命。 85年マルブランシュ批判を含む『哲学的神学的省察』 Réflexions philosophiques et théologiquesを出版。哲学上はデカルト派に属し,文通によってライプニッツの思想形成に影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルノー【Antoine Arnauld】

1612‐94
フランスの神学者,哲学者。ポール・ロアイヤル運動と深い関係をもつアルノー一家の一人,〈大アルノー〉とよばれる。ジャンセニスムの指導者として,数々の迫害をうけながら,アウグスティヌス的な神中心の恩寵観を擁護し,キリスト教ヒューマニズムとの妥協の道を探る近代主義的傾向,とりわけイエズス会とはしばしば論争を交えた。とくに《頻繁な聖体拝受》(1643)は有名。他方プロテスタントに対しては,聖体問題を中心にカトリック教会の立場を擁護した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルノー【Antoine Arnauld】

1612~1694) フランスの神学者・哲学者。デカルト哲学とアウグスティヌス神学との一致を説く。ジャンセニスムの指導者として、パスカルとともにイエズス会と闘った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルノー
あるのー
Antoine Arnauld
(1612―1694)

フランスの神学者。「大アルノー」とよばれる。1641年パリ大学神学博士となる。古代の厳格な戒律への復帰を説き、非カトリック的要素を有するジャンセニスムの指導者として、近代主義のイエズス会と争う。1643年に有名な『頻繁なる聖体拝領について』を著し、イエズス会の道徳説を論難した。このため同会との対立が激化し、1656年パリ大学から除名され、1668年まで身を隠した。ルイ14世によるジャンセニスト弾圧のため、1679年ベルギーに逃れて、その地で没した。ポール・ロアイヤル修道院付属学校のために、文法学者のランスロClaude Lancelot(1615―1695)とともに『文法』(1660)を、神学者のニコルPierre Nicole(1625―1695)とともに『論理学』(1662)を著した。デカルトの『省察』に対する論駁(ろんばく)、マルブランシュやライプニッツとの哲学的応酬でも知られる。[香川知晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルノーの言及

【ポール・ロアイヤル運動】より

…17世紀フランスに起こった信仰上の運動。ポール・ロアイヤルPort‐Royalは元来13世紀に創設され,パリ南郊のシュブルーズにあった女子修道院であるが,17世紀初頭,弱年の院長アルノーAngélique Arnauldによって改革され,またフランソア・ド・サールの指導を受けて有名になった。1625年パリに分院(ポール・ロアイヤル・ド・パリ)が作られ,48年に再開された本院はポール・ロアイヤル・デ・シャンと呼ばれた。…

【論理学】より

…ちなみに,アリストテレスの三段論法も,スコラの推断の理論も,学問的な討論や議論のために実地に使用されたのであり,特に中世の大学における論争はすべてそうした論理形式を使ってきわめて精密に遂行されたのである。(3)近世――近世論理学は17世紀にA.アルノーとP.ニコルの両人によって書き上げられた《ポール・ロアイヤル論理学,別名思考の術》(1662)から始まるといってよい。この論理学はアリストテレスの三段論法を含み,さらにそれに付随して,古代末期の哲学者ボエティウスの手になる仮言的三段論法の焼直しをも含む。…

※「アルノー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルノーの関連キーワードパスカル(Blaise Pascal)LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンアルナルドゥス・デ・ウィラノウァカーボナタイト・アルノアイトデュベルジエ・ド・オーランヌルイ・ヴィトン財団美術館ポール=ロワイヤル文法コギト・エルゴ・スムヨハネス シュラーフポール=ロワイヤルアルノー・ダニエルカルテジアニスムロベール アロンポールロワイヤル田舎の友への手紙ミカエル ロドラアールフォルスプロバンシャルジャンセニズムクロソウスキー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルノーの関連情報