アルフレッド・E. ホッヘ(英語表記)Alfred Erich Hoche

20世紀西洋人名事典の解説

アルフレッド・E. ホッヘ
Alfred Erich Hoche


1864 - 1943
ドイツの精神医学者,詩人。
元・フライブルク大学教授。
クレペリンの疾患単位学説を1912年症候群論の立場から批判。機能性精神障害は純粋の病型としては将来ともに確立する事はないと予言する。精神障害を生来性の前形成的症候群が誘発された機能性精神障害と、不規則な症候の組み合わせである病的反応型、性格傾向の二つに分類。「サロンの馬鹿」等の造語、「全ての人はヒステリーとなりうる」などの警告を残した事でも知られている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android