コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルプティギーン アルプティギーン Alp Tigīn

2件 の用語解説(アルプティギーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルプティギーン
アルプティギーン
Alp Tigīn

アフガニスタン,トルコ系ガズニー朝の創始者 (在位 962~963) 。トルコ人奴隷出身で,イラン系サーマン朝アブドゥル・マリクに親衛隊長として仕え,961年にはホラーサーン総督となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルプティギーン【Alptigīn】

?‐963
サーマーン朝の奴隷出身の将軍。アブド・アルマリク1世の下で実権を握り,国政に介入したためホラーサーン総督へと更迭され,さらに君主ヌーフ2世によって,その職を解任され,バルフへ逃亡,962年にサーマーン朝の軍隊を破って,ガズナで独立した。彼の奴隷サブクティギーンSabuktigīn(?‐997)が後継者となり,その後,世襲となったため,史料ではサブクティギーンをガズナ朝の創始者としている。【清水 宏祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルプティギーンの関連キーワードトゥールーン朝ハムダーン朝サーマーン朝アブドアッラフマーンイスマイールサーマーニ廟アブド・アッラフマーン[1世]アブド・アッラフマーン[3世]イブン・アブド・アルハカムハッサーン・ブン・アンヌーマーンアブドゥル・ラフマーン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone