コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルプティギーン Alp Tigīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルプティギーン
Alp Tigīn

アフガニスタン,トルコ系ガズニー朝の創始者 (在位 962~963) 。トルコ人奴隷出身で,イラン系サーマン朝のアブドゥル・マリクに親衛隊長として仕え,961年にはホラーサーン総督となった。アブドゥル・マリク没後主家に抗し,962年ガズニーに引きこもって独立。この王国は彼の子イスハークのあと,アルプティギーンに仕えた3人の奴隷に受継がれたが,最後のスブクティギーン即位 (977) 以降,ガズニー朝が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルプティギーン【Alptigīn】

?‐963
サーマーン朝の奴隷出身の将軍。アブド・アルマリク1世の下で実権を握り,国政に介入したためホラーサーン総督へと更迭され,さらに君主ヌーフ2世によって,その職を解任され,バルフへ逃亡,962年にサーマーン朝の軍隊を破って,ガズナで独立した。彼の奴隷サブクティギーンSabuktigīn(?‐997)が後継者となり,その後,世襲となったため,史料ではサブクティギーンをガズナ朝の創始者としている。【清水 宏祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android