アルベール マルケ(英語表記)Albert Marquet

20世紀西洋人名事典の解説

アルベール マルケ
Albert Marquet


1875.3.27 - 1947.6.14
フランスの画家
ボルドー生まれ。
初めパリの装飾美術学校に学ぶが、画家を志しマティスとともにエコール・デ・ボザールのギュスターヴ・モローの教室で学ぶ。1905年サロン・ドートンヌ展に出品、初期フォービスム運動に参加。’07年ドリュエ画廊で初個展。常に調和と均衡の感覚を失わず、玉虫色ニュアンスをそなえた色彩とゆるやかな構図によって、自然のもたらす情緒的雰囲気を巧みに表現し、海景自室の窓から俯瞰したパリの街景を好んで描く。主な作品「ル・アーブル見世物」(’05年)、「海辺の謝肉祭」(’06年)、「植民地軍曹」(’07年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アルベール マルケ

生年月日:1875年3月27日
フランスの画家
1947年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android