コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベーン波 アルベーンハ

デジタル大辞泉の解説

アルベーン‐は【アルベーン波】

プラズマなどの電気伝導性の流体中を伝播する磁気流体波の一。磁場に垂直な方向に振動し、磁場に沿って伝わる横波。磁束密度B、透磁率μ、プラズマの質量密度ρの場合、伝達速度はV=B/(μρ)1/2で表される。1942年、スウェーデンの物理学者H=アルベーンが発見した。アルベン波。アルフベン波。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベーン波
アルベーンは
Alfvén wave

磁場中のプラズマのなかで,磁場の方向に進む横波。 H.アルベーンによって,1942 年に初めて提唱されたので,アルベーン波と呼ばれているが,磁気流体波ともいう。磁力線の横振動が,磁力線に沿って伝わる波と考えれば理解しやすい。たるみなく張った弦を伝わる横波の速度は,弦の張力T ,密度を ρ とすれば, で表わされる。磁力線の張力は TB2/μ に等しいので, の速度をもつ横波が磁力線に沿って伝搬する。 B は磁束密度,μは誘磁率,ρ はプラズマの質量密度である。 VA をアルベーン速度という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルベーン波
あるべーんは

プラズマ中に外部磁場が存在するとき、磁場に垂直方向に振動しつつ磁場に沿って進行する横波。スウェーデンの物理学者アルベーンが発見したのでこうよばれるが、彼自身はこれを磁気流体波と名づけた。荷電粒子(イオン、電子)の集まった粒子系、つまり、プラズマは第四の物質状態とよばれ、いろいろな波が存在する。アルベーン波は、紐(ひも)を振動させたときにおこる波と同じで、磁力線が紐の役割を果たしており、紐の張力Sのかわりに磁気的張力B2/μ(Bは磁束密度)を用い、密度ρのプラズマとすると、波の伝播(でんぱ)速度は、

と表される。μは透磁率である。アルベーン波は、太陽の黒点の活動や地球磁気圏での電磁波放射で重要な役割を演じている。たとえば、磁気嵐(あらし)のおこったとき、0.1~1000秒の周期の磁場変動が観測されており、これは、波長が数百キロメートル、伝播速度が秒速1000キロメートルにも達するアルベーン波によるものと考えられている。[池内 了]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルベーン波の言及

【太陽風】より

…これはパーカーの熱膨張風理論では説明がつかず,問題を投げかけた。これを説明するためにコロナの明るいところ,すなわち,黒点活動域周辺では磁力線は閉じていてプラズマを逃がさないのに対し,コロナ・ホールの部分の磁力線は上空に向かって開いており,この開きぐあいによって太陽風の加速が強まるという理論が提出されたが,これも吹き出すべき高温プラズマの圧力が十分でない場合は困り,むしろ単純熱膨張風でない,例えばアルベーン波Alfvén wave(磁場をもつプラズマ中を伝わる低周波の一種。この波では振動は磁場の向きと直角方向で,その速度vは,Bを磁場の強さ,ρを密度とすると,である)などによる別の加速機構が働いているのではないかと考えられている。…

※「アルベーン波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルベーン波の関連キーワード磁気圏プラズマ波動電磁流体力学固体プラズマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android