コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルレッキーノ arlecchino

世界大百科事典 第2版の解説

アルレッキーノ【Arlecchino[イタリア]】

コメディア・デラルテの中で下僕・従者として登場する代表的な道化役の一人。中世フランスの説話に現れるいたずら悪魔エルルカンHerlequin,エルカンHellequinがその語源であるといわれている。ザン・ガナッサ,またの名をアルベルト・ナゼッリ(1540ころ‐84)という喜劇役者が,フランス巡業のおり,コメディア・デラルテの道化役の祖型であるザンニZanniにアルルカンArlequinの名を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルレッキーノの言及

【コメディア・デラルテ】より

…コメディア・デラルテがヨーロッパ文化に残した最大の功績のひとつは,登場人物を類型化し,その仮面を創造したことであろう。アルレッキーノ,ブリゲーラBrighella(道化),パンタローネPantalone(老人),ドットーレDottore(知識人),カピターノCapitano(軍人)は,社会を構成する人間の基本的な類型を示している。このような登場人物がさまざまな即興的演技やせりふを組み合わせながら,簡単な筋書きだけをたよりに,一編の劇を作り上げたのである。…

【ベルティナッツィ】より

…イタリアの俳優。芸名カルリーノで親しまれた18世紀で最も有名なアルレッキーノ役者。3歳でサボイア公アメデオ2世軍の将校であった父を亡くし,14歳にして軍隊に入るが,軍隊生活を嫌い役者を志した。…

※「アルレッキーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルレッキーノの関連キーワードフェルッチョ ブソーニコメディア・デラルテベルティナッツィM. モレッティコロンビーナハーレクインモレッティドリーゴブゾーニピエロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android