アレクサンドル3世橋(読み)アレクサンドルさんせいばし

  • Pont Alexandre Ⅲ
  • あれくさんどるさんせいきょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

フランスの首都パリを流れるセーヌ川に架かる橋。地下鉄・RER線のアンヴァリッド(Invalides)駅から約3分ほどの場所にある。橋の四隅には高さ17mの柱があり、柱の上には芸術、農業、闘争、戦争を意味する女神像が設置され、アールヌーボー街灯と天使やニンフの像、ペガサスなどの装飾があり、パリで最も美しい鉄橋と評されている。この橋は、最後のロシア皇帝ニコライ2世が、当時のフランス共和国大統領サディ・カルノーと、父で先代の皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、1900年のパリ万博にあわせて建設が行われ、パリ市に寄贈したものである。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ市内アンバリッド(廃兵院)付近にあるセーヌ川に架けられた橋。1895~1900年の架設で、19世紀末の名橋の一つである。橋長107メートル、幅員40メートル。主橋体は鋳鋼製の扁平な3ヒンジ・アーチで構成されている。橋の入口や橋体各部を飾る豪華な彫刻の美しさと、周辺環境との調和のみごとなことで知られている。橋梁技師レサルJean Résal(1854―1919)の作品である。

[堀井健一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android