コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレシンスキー アレシンスキー Alechinsky, Pierre

2件 の用語解説(アレシンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレシンスキー
アレシンスキー
Alechinsky, Pierre

[生]1927.10.19. ブリュッセル
ベルギーの画家。 1951年よりパリに移住。 48年に結成されたベルギー,デンマークオランダ3国の若い美術家による表現主義グループコブラ」のメンバー。 A.ブルトンに傾倒し,表現主義的な作風によって幻想的なイメージを描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレシンスキー
あれしんすきー
Pierre Alechinsky
(1927― )

ベルギーの画家。ブリュッセルに生まれ、同地の装飾美術学校で書物の挿絵と印刷技術を学んだ。1948年ベルギー現代美術賞を受けてパリに滞在。1949~1951年「コブラ」グループの最年少ながら代表的な画家として活躍する。初期からグラフィックな記号を油彩のコンポジションのなかに混入していたが、1955年極東旅行後この傾向をますます強め、奔放な彩色のなかに形象のメタファー(暗喩(あんゆ))を浮上させている。デザイナーおよびイラストレーターとしての多くの業績のほか、映画製作にも従事し、1956年日本の書道についての映画を製作した。1957年ベルガモの美術映画祭で特別賞、1961年(昭和36)東京の文化映画祭で名誉賞を受賞した。日本では1955年ナビス画廊(東京)、1980年および1984年かねこ・あーとギャラリー(東京)、1996年(平成8)早川画廊(大阪)で個展を開催したほか、1993年姫路市立美術館のベルギー現代美術展に参加した。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレシンスキーの関連キーワードブリュッセル条約アールブリュットIWTOアルテブリュッケブリュッセル公園キリストのブリュッセル入城ブリュッセル王立天文台ブリュッセル音楽院ブリュッセル協約ブリュッセル条約機構

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレシンスキーの関連情報