コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワセグモ Selenops bursarius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワセグモ
Selenops bursarius

クモ綱クモ目アワセグモ科。体長 12mmほど。体は目立たない褐色,そのうえ扁平で,長い歩脚を常に横に伸ばしているので,樹幹に止っていると見つけにくい。すばやい横歩きをする。徘徊性で,森林の大木の幹の上でみられる。本州,四国,九州のほか,韓国,台湾にも分布する。なおアワセグモ科 Selenopidaeの日本産種は1属1種のみである。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アワセグモ
あわせぐも / 袷蜘蛛
[学]Selenops bursarius

節足動物門クモ形綱真正クモ目アワセグモ科に属するクモ。体長1センチメートル前後。体は褐色で扁平(へんぺい)。近縁種でもっとも扁平なヒトエグモ(単衣蜘蛛)よりは少し厚いのでアワセグモという名がついた。山地に多く、樹幹上を徘徊(はいかい)し人家に入り込むことがある。歩脚が横に広がり横にも歩くことができる。8眼が2列に並ぶが、後列の中眼が前列の側眼より外側前方に出ているので第1列は6眼にみえる。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アワセグモの関連キーワードヒトエグモ袷蜘蛛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android