コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンサーリー Anṣārī, `Abdullāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンサーリー
Anṣārī, `Abdullāh

[生]1005. ヘラート
[没]1089. ヘラート
ペルシアの神秘主義者,詩人。 1031年メッカ巡礼の途中バグダードで神秘主義者アブル・ハサン・ヒルカーニーに会って大きな影響を受け,のちに郷里において熱烈な神秘主義者として弟子を指導した。神秘主義思想を四行詩で表現したことで知られ,格調高いサジュウ体の散文作品『祈祷の書』 Munājātには,多くの神秘主義四行詩が織り込まれている。主要なペルシア四行詩人の一人に数えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンサーリー
あんさーりー
‘Abdullh Anr
(1005―1089)

ペルシアの神秘主義者、詩人。アフガニスタンのヘラートに生まれる。のちイランのネイシャーブールで学を修め、バグダードで神秘主義の道に入り、郷里で多くの弟子を指導した。神秘主義思想を四行詩で表現したほか、押韻散文で『祈祷書(きとうしょ)』を執筆し、これはペルシア散文学の傑作とされる。神秘主義者の心理分析として知られる『旅人の階梯(かいてい)』や『神秘主義者の階層』などの著書もある。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンサーリーの言及

【アンサール】より

…ムハンマドの死の直後,アンサールは独自に指導者を擁立しかけたが,結局はムハージルーンの一人であるアブー・バクルのカリフ位を承認した。アンサールの子孫は,氏族名を名のることより,単にアンサーリーanṣārīと称することが多い。【後藤 晃】。…

【ルバーイヤート】より

…韻律は長音と短音を組み合わせたハザジ・ムサッマムの変形が主として用いられた。 ルバーイーはペルシアのほとんどすべての詩人に用いられた詩形で,10世紀以降のペルシア文学に多く現れるが,ルバーイヤート詩人として名高いのは,アブー・サイード・ブン・アビー・アルハイルAbū Sa‘īd b.Abī al‐Khayr(967‐1049),バーバー・ターヒルBābā Ṭāhir(生没年不詳,11世紀の人),アンサーリーal‐Anṣārī(1005‐89)とウマル・ハイヤームである。前3詩人は神秘主義者で神秘主義思想の表現にこの詩形を用いたが,ウマル・ハイヤームはこの詩形で運命,酒,美女などをよんだ。…

※「アンサーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンサーリーの関連キーワードエユップスルターンモスクシャフラスターニールバーイヤートルバイヤートアンサール5月4日

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android