アンソニー島(読み)アンソニーとう(英語表記)Anthony Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンソニー島
アンソニーとう
Anthony Island

カナダ西部,ブリティシュコロンビア州の太平洋岸,クイーンシャーロット諸島最南端に位置する無人島。先住民族ハイダ族がかつて暮らしていたニンスティンツ村があり,10軒の住居跡,貝塚,ベイスギでつくられた 32本のトーテムポールが残る。18世紀に白人が入植するまでハイダ族は約 2000年もの間この島で狩猟と漁を中心とする生活を営んできた。墓標もしくは集団の帰属関係を象徴したとされるトーテムポールは当初鮮やかに彩色されていたが,風雨による浸食で損傷が激しく彩色もはがれている。1981年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android