アンダーソン転移(読み)アンダーソンてんい(英語表記)Anderson transition

世界大百科事典 第2版の解説

アンダーソンてんい【アンダーソン転移 Anderson transition】

半導体中にある不純物原子が存在すると,電子はこれを回る軌道にとらえられ,水素原子の場合に似た孤立したエネルギー準位を形成する。このような不純物が適当な密度で散在すると,り合う不純物原子距離が軌道の直径に比べ何倍か大きくても,量子力学的トンネル効果によって,電子は一つの不純物からその隣へとび移ることができる。これは数学的には,二つの軌道の間の一種の相互作用エネルギーによるものとして表される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android