アンチノウス(英語表記)Antinous

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチノウス
Antinous

[生]110頃.ビチニウム
[没]130. マラウィ近郊ナイル川
ローマ皇帝ハドリアヌスの寵愛を受けた小アジア生れの美少年。帝の巡遊に従いナイル川で溺死。帝により神殿にまつられ,彼の名を冠した都市アンチノポリスが建設され,また青年の美のモデルとして多くの彫刻が作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android