コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチノウス Antinous

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチノウス
Antinous

[生]110頃.ビチニウム
[没]130. マラウィ近郊ナイル川
ローマ皇帝ハドリアヌスの寵愛を受けた小アジア生れの美少年。帝の巡遊に従いナイル川で溺死。帝により神殿にまつられ,彼の名を冠した都市アンチノポリスが建設され,また青年の美のモデルとして多くの彫刻が作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンチノウスの関連キーワードアレン ジョンソンオオカミダームスタチウムツー・ウェイ・プライス農産物価格正史以東底引網漁業ミャンマー機会原価キャンディー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android