コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチロックブレーキシステム アンチロックブレーキシステムanti-lock brake system

3件 の用語解説(アンチロックブレーキシステムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンチロック‐ブレーキシステム(anti-lock brake system)

自動車が急ブレーキをかけたとき、ロックを起こした車輪のブレーキの油圧を機械的ないしは電子的に調節し、安全に止まれるようにした装置。ABS

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンチロックブレーキシステム

自動車における安全・効果的な制動システムの1種。ABS(antilock brake systemの略)とも。緊急時やすべりやすい路面でブレーキをかけたとき,タイヤの回転が止まり(これをロックという)横滑りする(これをスキッドという)のを防止して,タイヤが最大の摩擦力を得られるようにするとともに進路を保持する自動車のブレーキシステム。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アンチロックブレーキシステム【antilock-brake system】

自動車で、ブレーキをかけたとき車輪がロックしないよう、車速と車輪回転速度を検出してブレーキを自動的にコントロールするシステム。車輪と路面間の摩擦力と車輪の回転を確保することで、制動安定性と操縦性を得る。 ABS 。アンチスキッド。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアンチロックブレーキシステムの言及

【自動車】より

…ブレーキは保安上もっとも重要な装置の一つであり,万一の故障に対処するため,油圧を発生させるマスターシリンダーに独立した二つの圧力室をもたせたタンデムマスターシリンダーの採用と2系統式配管の二重安全ブレーキ機構が採用されている。すべりやすい路面での制動でドライバーのブレーキ操作を援助するアンチロックブレーキシステム(ABS)も多くの車両に用いられるようになった。これは車輪に設けたセンサーがタイヤの回転状態を検出し,タイヤがロックする前に電子制御により自律的にブレーキ液圧を制御して,すべりやすい路面での制動距離の増大を防ぐとともに車両の方向安定性を確保するシステムである。…

※「アンチロックブレーキシステム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンチロックブレーキシステムの関連情報