コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチロックブレーキシステム(英語表記)anti-lock brake system

百科事典マイペディアの解説

アンチロックブレーキシステム

自動車における安全・効果的な制動システムの1種。ABS(antilock brake systemの略)とも。緊急時やすべりやすい路面でブレーキをかけたとき,タイヤの回転が止まり(これをロックという)横滑りする(これをスキッドという)のを防止して,タイヤが最大の摩擦力を得られるようにするとともに進路を保持する自動車のブレーキシステム。タイヤと路面の間の摩擦力は,タイヤが制動をうけながら回転している状態のときの方がロックした状態のときよりも大きく,またロック状態では舵が効かなくなる。このためコンピューターを利用して,ロック状態になりかかるとブレーキ力をゆるめ,回転し出すとまたブレーキをかけるという制御を車体が停止するまで繰り返して行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アンチロックブレーキシステム【antilock-brake system】

自動車で、ブレーキをかけたとき車輪がロックしないよう、車速と車輪回転速度を検出してブレーキを自動的にコントロールするシステム。車輪と路面間の摩擦力と車輪の回転を確保することで、制動安定性と操縦性を得る。 ABS 。アンチスキッド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアンチロックブレーキシステムの言及

【自動車】より

…ブレーキは保安上もっとも重要な装置の一つであり,万一の故障に対処するため,油圧を発生させるマスターシリンダーに独立した二つの圧力室をもたせたタンデムマスターシリンダーの採用と2系統式配管の二重安全ブレーキ機構が採用されている。すべりやすい路面での制動でドライバーのブレーキ操作を援助するアンチロックブレーキシステム(ABS)も多くの車両に用いられるようになった。これは車輪に設けたセンサーがタイヤの回転状態を検出し,タイヤがロックする前に電子制御により自律的にブレーキ液圧を制御して,すべりやすい路面での制動距離の増大を防ぐとともに車両の方向安定性を確保するシステムである。…

※「アンチロックブレーキシステム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンチロックブレーキシステムの関連情報