アンティグア-グアテマラ(読み)アンティグアグアテマラ

世界遺産詳解の解説

アンティグアグアテマラ【アンティグア-グアテマラ】

1979年に登録されたグアテマラの世界遺産(文化遺産)。南部の首都グアテマラ・シティの西方にある、標高1530mの古都である。この町は16世紀中期に建設され、繁栄したが、たびたび地震の被害を受け、再建が繰り返されてきた。1773年に起こった大地震で壊滅的な打撃を受けたことから、現在の首都にその座を譲ることになった。この都市はアグア火山などに囲まれ、大聖堂を中心とする碁盤の目のような区画に整備された市街には、石畳の道が走り、旧グアテマラ総督府、ラ・メルセー聖堂、修道院が配置され、コロニアル・バロック様式の建物が立ち並ぶ閑静なたたずまいを見せている。◇英名はAntigua Guatemala

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android