アンテーラミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンテーラミ
あんてーらみ
Benedetto Antelami
(1150ころ―1230ころ)

イタリアの彫刻家、建築家。おもに北イタリアのパルマを舞台に活躍し、フランスのとくにプロバンス地方のロマネスク美術に影響されたらしいという以外は、彼の生涯については、ほとんど知られていない。1178年ごろにパルマ大聖堂の造営工事に参画して内陣の装飾を担当したが、彼が手がけた作品のうち『キリスト十字架降下』を表す大理石浮彫りおよび司教座が現存する。その後1196年から洗礼堂の建立とその内外部の彫刻による装飾に従事したが、これらの作品はアンテーラミ芸術の頂点をなすものであり、建築と彫刻が調和のある統一をみせている。フィデンツァ大聖堂正面の設計にも関与した。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android