コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントロン アントロン anthrone

1件 の用語解説(アントロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントロン
アントロン
anthrone

アンスロンともいわれる。無色針状晶,融点 154℃。ベンゼンに溶かして熱すると異性化してアントラノールに変り,淡黄色を呈し,青いケイ光を発する。糖の水溶液アントロンの濃硫酸溶液に加えると青緑色を示す (アントロン反応) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントロンの関連キーワードキニーネクロモンピペラジン桂皮酸薄荷脳アンスロポロジー四酸化オスミウムボースロンキサントンジベンゾアントラセン

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントロンの関連情報