コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレアス Andreas(Andrew)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドレアス
Andreas(Andrew)

1世紀頃のイエスの十二使徒の一人。スコットランドとロシアの保護聖人。ガリラヤのベツサイダの生れ。ペテロの兄弟。アンドレアスはギリシア語で「男らしい」の意。兄弟とも漁師で,初めともに洗礼者ヨハネの弟子であった。エウセビオスによれば黒海北岸に伝道,アカイアのパトラスで殉教。祝日 11月 30日。

アンドレアス
Andreas oder die Vereinigten

オーストリアの詩人,劇作家ホーフマンスタールの小説。未完。 1907~13年に執筆。 32年刊。ウィーンの貴公子アンドレアスが愛によって自我と他我の関連を自覚し,成長していく過程を描いた教養小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンドレアスの関連キーワードアンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッドダイアログ・イン・ザ・ダーク(暗闇の中の対話)クリストフ プレガルディエンマルティン ホルシュタインハンス・ヨアヒム モーザーウォルフガング リンガーオリンピア考古学博物館サン・アンドレアス断層トランスフォーム断層アンドレアス=ザロメサンフランシスコ地震ブレトシュナイダードイツの現代写真ロマン ハガラワイセンブルクキレニア山脈オーストリアユロージビージルバーマンN. ラウダ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンドレアスの関連情報