アンナプルナ(英語表記)Annapurna

翻訳|Annapurna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アンナプルナ」の解説

アンナプルナ
Annapurna

ヒマラヤ山脈,ネパールヒマラヤ中部にある山群。カリガンダキ川とマルシャンディ川の間を北西から南東に連なる。山名サンスクリット語で「豊穣の女神」の。主であるアンナプルナI峰は標高 8091m。ほかにアンナプルナ II峰,III峰,IV峰,ロックノワール,ガンガプルナなど,7000m以上の峰が多数含まれる。 1950年6月,M.エルゾーグを隊長とするフランス隊が主峰に初登頂し,人類初の 8000m峰登頂を記録した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「アンナプルナ」の解説

アンナプルナ(Annapurna)

ヒマラヤ山脈中部の高峰群。最高峰は第1峰の標高8091メートル。南峰(7219メートル)には京大登山隊が1964年に初登頂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android