コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナプルナ Annapurna

翻訳|Annapurna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナプルナ
Annapurna

ヒマラヤ山脈,ネパールヒマラヤ中部にある山群。カリガンダキ川とマルシャンディ川の間を北西から南東に連なる。山名はサンスクリット語で「豊穣の女神」の意。主峰であるアンナプルナI峰は標高 8091m。ほかにアンナプルナ II峰,III峰,IV峰,ロックノワール,ガンガプルナなど,7000m以上の峰が多数含まれる。 1950年6月,M.エルゾーグを隊長とするフランス隊が主峰に初登頂し,人類初の 8000m峰登頂を記録した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンナプルナ(Annapurna)

ヒマラヤ山脈中部の高峰群。最高峰は第1峰の標高8091メートル。南峰(7219メートル)には京大登山隊が1964年に初登頂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アンナプルナ【Annapurna】

ヒマラヤ山脈中央部に連なる高峰群の総称。第一峰は海抜8091メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アンナプルナの関連キーワードモーリス エルゾーグアンナプルナ[山]ダウラギリ[山]マチャプチャレ山八千メートル峰アンナプルナ山ヒマラヤ山脈山崎 安治ポカラ盆地ガンダク川伊藤 洋平田部井淳子竹内洋岳呉 銀善シェルパマナスルグルン族伊藤洋平今西寿雄ペワ湖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンナプルナの関連情報