コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブラー

3件 の用語解説(アンブラーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンブラー

英国の推理小説作家,映画脚本家。《ディミトリオスの棺》(1939年)《イターコムの陰謀》(1969年)などスパイ小説に多くの傑作を発表して,この分野での第一人者

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンブラー【Eric Ambler】

1909‐1998
イギリスのスパイ小説作家。第2次世界大戦直前に《あるスパイへの墓碑銘》(1938)や《ディミトリオスの仮面》(1939。日本ではアメリカ版題名《ディミトリオスの棺》で知られている)など,従来のスパイ小説の愛国心高揚や英雄賛美を排し,現実性に富んだ人物描写に重点を置く,文学的にすぐれたスパイ小説を発表。映画化された作品が多く,彼自身も映画脚本,ラジオテレビ台本を書く。【小池 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンブラー
あんぶらー
Eric Ambler
(1909―1998)

イギリスのスパイ小説家。サマセット・モームやグレアム・グリーンなどと並んで現代的なスパイ小説の先駆者として知られている。ロンドン大学を卒業後、広告業界で働く。1936年に処女作『暗い国境』を発表、文学性豊かなスパイ小説として注目を浴びる。続く『あるスパイの墓碑銘』(1938)、『ディミトリオスの棺(ひつぎ)』(1939)で名声を確固たるものにした。『武器の道』(1959)、『レバント人』(1972)はイギリス推理作家協会賞(ゴールデン・ダガー賞)を受賞、『真昼の翳(かげ)』(1962)はアメリカ探偵作家クラブ最優秀長編賞を受賞し、『トプカピ』として映画化された。アンブラー自身も映画の脚本を何本か手がけている。ほかにも『インターコムの陰謀』(1969)、『薔薇(ばら)はもう贈るな』(1977)、『The Story So Far』(1993)など作品は多い。チャールズ・ロダCharles Roddaと合作したエリオット・リードEliot Reed名義では『反乱』(1953)などのサスペンス小説を何点も発表している。[鎌田三平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンブラーの関連キーワード昨日のスパイ最初で最後のスパイスパイ・シンカースパイの家系スパイ・フックスパイ・ライン迷いこんだスパイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンブラーの関連情報