アンリ フォション(英語表記)Henri Focillon

20世紀西洋人名事典の解説

アンリ フォション
Henri Focillon


1881.9.7 - 1943.3.3
フランスの美術史学者。
元・ソルボンヌ大学教授。
ディジョン生まれ。
父のビクトルはエッチング家として知られる。パリのエコール・ノルマン・シュペリウースで古典文学を学び、1913年にリヨン大学の近代美術史講座の教授となった。’24年にソルボンヌ大学に招かれ、中世美術史を講じ、またこの職にあった12年間に代表的著作「形の生命」(’34年)、「19、20世紀ヨーロッパの絵画」(’27年〜28年)、「西欧の芸術」(’37年)、「ロマネスク彫刻」(’32年)を次々に発表した。’40年にアメリカに移住し、エール大学の考古学、美術史講座を担当、この地で没した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android