コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アースガルズ

百科事典マイペディアの解説

アースガルズ

北欧神話のアース神族の居所。世界樹イグドラシルの高みにあり,外界とは虹の橋でつながる。オーディンの宮殿バルハラなど多くの壮麗な館が建っている。北欧では,世界はアースガルズ,ミズガルズ,ウートガルズに分かれると考えられていた。
→関連項目ヘイムダルミズガルズヨトゥンヘイムロキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アースガルズ
あーすがるず
sgarr

北欧神話のアサ神族が住む地。エッダ詩に断片的に現れるものの、実体ははっきりしない。スノッリの『エッダ』によると、オーディンとその兄弟は人間をつくったのち、世界の真ん中にアースガルズという砦(とりで)をつくり、そこをトロイアとよんだ。神々とその末裔(まつえい)が住み、地上と空中で起こる多くのできごとがそこからくるという。そこにはフリズスキャールブという見晴らし台があり、アースガルズの主神であるオーディンがそこに座って全世界を見晴るかし、人間一人一人の所業をみてすべてを記憶する。城市の真ん中には神殿が建てられ、オーディンの高座のほかに12の座がある。その建物はグラズスヘイムとよばれて地上でいちばんみごとで大きく、内も外も金一色に輝いている。もう一つは女神たちの館で、ビーンゴールブという。ワルハラもまたアースガルズの中にある。そのほか神々は、鍛冶場(かじば)を置いて槌(つち)や金鋏(はさみ)、金敷などのいっさいの道具をつくった。スノッリの『ユングリンガサガ』では、タナイス(ドン)河の東のアシーアの地がアーサランドまたはアーサヘイムとよばれ、その首都がアースガルズだとされているが、これは、神々を神格化された人間とするユーヒメラス説にたっている。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアースガルズの言及

【アース神族】より

…大地)など。 アース神族は,世界の真ん中にあるアースガルズに住む。ここにオーディンはバルハラの宮殿をかまえ,ほかの神々もそれぞれ住居をもっている。…

【北欧神話】より

…肉体をむだなく使って天地をつくりだすさまは,屠殺に慣れた牧畜民の思考をうかがわせる。
[神々の世界]
 世界の真中にあるアースガルズÁsgarðrにアース神たちは住む。そこにはイグドラシルYggdrasillと呼ばれるトネリコの大樹(世界樹)がそびえている。…

※「アースガルズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アースガルズの関連キーワードイドゥン北欧神話ワルハラニョルド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android