コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールパード アールパード Árpád

2件 の用語解説(アールパードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールパード
アールパード
Árpád

[生]?
[没]907
アールパード朝ハンガリー王国の始祖。889年ペチェネグ族の襲撃を受けると,部族長クルシャーンとともに,当時ボルガ川中流域に居住していたマジャール族 7部族を率いて黒海北岸を横断。896年カルパート山脈を越えてパンノニア平原に侵入,さらにロンバルディアバイエルンブルガリアなどを攻撃した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールパード
あーるぱーど
rpd
(?―907)

ハンガリー最初の王朝アールパード朝(~1301)の始祖。マジャール部族連合首長およびその一部族で、のちにマジャールの名を残すメジェル部族の長として、大首長クルサーンのもとで諸部族を指揮し、895年にカルパティア盆地に侵入、その地を征服した。このとき、「ドナウティサに囲まれし大地は余が祖先たる、かのアッティラ大王のものなり」と宣したという伝説が残っている。クルサーンが904年に没したのち大首長となり、諸部族統一の事業を始めた。この間、兵を率いてドイツイタリアに遠征し、各地の王から貢ぎ物を受けた。死後その遺体は、古ブダ(ブダペストの旧市街)に注ぐ小川の源に埋葬された。[家田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアールパードの言及

【ハンガリー】より

…彼らがその先祖の故郷であるウラル山脈中・南部付近からカルパティア(カルパチ)山脈を越えてハンガリー盆地(当時のパンノニア)に住みついたのは895年ないし896年のことである。このとき定住したのは7部族で,相互に連盟関係にあり,全部族の長としてアールパードÁrpád(?‐907ころ)を選出した(アールパード朝)。定住後ハンガリー人は西欧へ進出したが,955年にドイツ王オットー1世の軍に敗れ,以後先住のスラブ人から農耕を学びつつ,ハンガリー盆地での国家建設に努めた。…

【マジャール人】より

…このとき密接な関係のあったオノグルOnogur族の名前から,外国語での〈ハンガリー人〉(スラブ語系のvenger,ドイツ語のUngar,フランス語のHongrois,英語のHungary)が出ている。マジャール人は9世紀にはドニエストル川とドン川の間へ移り,895‐896年に族長アールパードÁrpád(?‐907ころ)に率いられて,カルパチ盆地(ハンガリー盆地)に入り,独自の国家を建てた。このときのマジャール人は,7部族で40万~50万人とされている。…

※「アールパード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アールパードの関連キーワード階乗NエヌボールパークボールパーソンR and Rスマイルパーソナル カードなるぱーくN末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone