コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールパード アールパードÁrpád

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールパード
Árpád

[生]?
[没]907
アールパード朝ハンガリー王国の始祖。889年ペチェネグ族の襲撃を受けると,部族長クルシャーンとともに,当時ボルガ川中流域に居住していたマジャール族 7部族を率いて黒海北岸を横断。896年カルパート山脈を越えてパンノニア平原に侵入,さらにロンバルディアバイエルンブルガリアなどを攻撃した。904年クルシャーンの戦死後,マジャール族の最高指導者となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールパード
あーるぱーど
rpd
(?―907)

ハンガリー最初の王朝アールパード朝(~1301)の始祖。マジャール部族連合首長およびその一部族で、のちにマジャールの名を残すメジェル部族の長として、大首長クルサーンのもとで諸部族を指揮し、895年にカルパティア盆地に侵入、その地を征服した。このとき、「ドナウティサに囲まれし大地は余が祖先たる、かのアッティラ大王のものなり」と宣したという伝説が残っている。クルサーンが904年に没したのち大首長となり、諸部族統一の事業を始めた。この間、兵を率いてドイツイタリアに遠征し、各地の王から貢ぎ物を受けた。死後その遺体は、古ブダ(ブダペストの旧市街)に注ぐ小川の源に埋葬された。[家田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアールパードの言及

【ハンガリー】より

…彼らがその先祖の故郷であるウラル山脈中・南部付近からカルパティア(カルパチ)山脈を越えてハンガリー盆地(当時のパンノニア)に住みついたのは895年ないし896年のことである。このとき定住したのは7部族で,相互に連盟関係にあり,全部族の長としてアールパードÁrpád(?‐907ころ)を選出した(アールパード朝)。定住後ハンガリー人は西欧へ進出したが,955年にドイツ王オットー1世の軍に敗れ,以後先住のスラブ人から農耕を学びつつ,ハンガリー盆地での国家建設に努めた。…

【マジャール人】より

…このとき密接な関係のあったオノグルOnogur族の名前から,外国語での〈ハンガリー人〉(スラブ語系のvenger,ドイツ語のUngar,フランス語のHongrois,英語のHungary)が出ている。マジャール人は9世紀にはドニエストル川とドン川の間へ移り,895‐896年に族長アールパードÁrpád(?‐907ころ)に率いられて,カルパチ盆地(ハンガリー盆地)に入り,独自の国家を建てた。このときのマジャール人は,7部族で40万~50万人とされている。…

※「アールパード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アールパードの関連キーワード日航機ニアミス事故朱全忠延喜格式荆南唐詩藤原温子延喜格朱全忠隋・唐の美術