コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イアンブリコス

百科事典マイペディアの解説

イアンブリコス

古代ギリシアの新プラトン主義哲学者。ポルフュリオスの弟子。プロティノスの所説にギリシアおよび東方諸宗教の秘儀的・実践的要素をとり入れた。著書《エジプト人密儀について》《ピュタゴラス的人生》《ニコマコスの数論》など。
→関連項目新プラトン主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イアンブリコス【Iamblichos】

250ころ‐325ころ
シリアカルキスに生まれた新プラトン派の哲学者。ヤンブリコスとも呼ぶ。ローマに遊学してポルフュリオスの門下に入り,後に故郷に帰ってシリア派を創立した。プロティノスの観想(テオリアtheōria)をさらに発展させ,人間の霊性開顕がそのまま神の業(テウルギアtheurgia)になるような方法を一種の典礼魔術として確立した。主著《エジプト人の密儀について》は,世界に無限に分割可能な位階秩序を導入し,存在者をより上のものとより下のものとの中間者,それゆえ媒介者としてとらえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のイアンブリコスの言及

【新プラトン主義】より

…彼の著作は死後,弟子のポルフュリオスによって《エンネアデス》,つまり各巻9編から成る6巻の書物として出版された。ポルフュリオスの弟子イアンブリコスは《エジプト人の密儀について》によって古代異教神学を集大成した。5世紀にはプロクロスがこの伝統を継承し,プラトン解釈史に画期的業績を残した。…

※「イアンブリコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android