コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエンシャン(燕山)山脈(読み)イエンシャンさんみゃく(英語表記)Yan shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエンシャン(燕山)山脈
イエンシャンさんみゃく
Yan shan

中国北東部,ホーペイ(河北)省北部にある東西方向の山脈。内モンゴル(蒙古)高原の南東縁をなす山地の一部で,ホワペイ(華北)平原の北にそびえる。東はポー(渤)海に迫り,南西はタイハン(太行)山脈に続く。ほとんどの峰が標高 1000m以上。中部はペキン(北京)直轄市に属し,チュントー(軍都)山と呼ばれる。東部はロワン(灤)河,中部はチャオパイ(潮白)河,西部はヨンティン(永定)河の流域で,谷は一般に険しい。シュワンホワ(宣化)盆地,ホワイライ(懐来)盆地,チョントー(承徳)盆地など広い盆地が開ける。地下資源が豊富で,特に東部南麓のカイロワン(開灤)炭鉱,西端のロンイエン(竜煙)鉄鉱山は,いずれも中国有数の大鉱山である。尾根づたいに万里の長城が築かれており,東端にシャンハイコワン(山海関),中部にシーフォンコウ(喜峰口),クーペイコウ(古北口),西端に居庸関などの城関が設けられて交通,軍事,商業の要衝となった。特に明代にはペキンの北の守りとして重視された。山間,山麓には明,清の建築物が多いが,特に明の歴代皇帝をまつる明十三陵,清の 5皇帝をまつる東陵,清の承徳避暑山荘外八廟は規模の大きさと豪華さとで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android