イエン・サリ(英語表記)Ieng Sary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエン・サリ
Ieng Sary

[生]1925.10.24. フランス領インドシナ,ベトナム
[没]2013.3.14. カンボジア,プノンペン
カンボジアの政治家。プノンペンで学び,1950年フランスへ留学,共産党に入党。1958年帰国後カンポート私立大学教授。1963年反政府運動のため地下に潜行し,闘争の中心人物の一人となった。1971年7月カンプチア民族統一戦線特使として中国の北京に入り,ノロドム・シアヌークの特別顧問として行動。1976年4月,ポル・ポトが率いる民主カンプチアの外交担当副首相に就任。1979年ベトナム支援下のカンプチア救国民族統一戦線に首都を奪われると,タイ国境周辺で抵抗運動を続行,ヘン・サムリン政権より大量虐殺の罪でポル・ポトとともに死刑判決を受けた(1996恩赦)。共産党中央常任委員。1980年副首相に再任。1982年民主カンプチア連合政府(→カンボジア国民政府)が樹立し財政経済調整委員会委員となる。長年にわたり赤いクメールのナンバー3であったが,1996年離脱,多数の兵士とともに投降した。2007年に大量虐殺などの罪で当局に妻とともに身柄拘束され,カンボジア特別法廷で起訴されたが公判途中に死亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

イエン・サリ
Ieng Sary


1930.1.1 -
カンボジアの政治家
カンボジア副首相,連合政府財政経済調整委員会委員。
プレイベン州生まれ。
1950年パリに留学し、’55年在仏クメール学生同盟委員長。’57年帰国後、カンポット私立大教授となる。’63年地下潜行。その後、’71年カンボジア民族統一戦線特使として北京入りし、シアヌーク殿下と共に活動。’76年民主カンボジア副首相兼外相、’82年カンボジア三派連合政府財政経済調整委員会委員を歴任

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

イエン・サリ
イエンサリ
Ieng Sary


国籍
カンボジア

専門
政治家

肩書
ポル・ポト派最高幹部;民主カンボジア副首相

本名
キム・チャン

生年月日
1924/10/20

出生地
プレイベン州ラダイ

経歴
1950年フランスに留学し、’55〜56年在仏カンボジア全学連議長。’58年帰国後、リセ・シソワト教授、カンポット大学教授など歴任。’63年抵抗運動のため地下潜行。同年カンボジア共産党中央常任委員。’71年7月カンプチア民族統一戦線の国内特使として北京に入り、シアヌーク殿下を特別訪問。’76年4月民主カンボジア(ポル・ポト派政権)副首相(外交担当)に就任し、ポル・ポト派ナンバー2となる。’79年8月ヘン・サムリン政権下の欠席裁判で虐殺の罪によりポル・ポトとともに死刑判決を受ける。’82年7月民主カンボジア三派連合政府樹立で財政経済調整委員会委員。’90年2月政府呼称をカンボジア国民政府と改称。’94年1月失脚。’96年8月ポル・ポト派から離脱し、反ポル・ポト派の指導者となることを表明。9月国王から恩赦、フンセン第2首相と初の会議を行い、サリ派軍と国軍の統合に合意した。2006年ポル・ポト派特別法廷が設置され、2007年裁判の内部規則が採択され、11月逮捕。2010年9月他の幹部とともに起訴される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

イエン・サリ

生年月日:1924年10月20日
カンボジアの政治家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android