イグナティエフ(英語表記)Nikolai Pavlovich Ignat’ev

世界大百科事典 第2版の解説

イグナティエフ【Nikolai Pavlovich Ignat’ev】

1832‐1908
ロシア外交官,政治家,伯爵。政治家の子として生まれ,1856年より外交官として勤務。59年駐清国大使に任命され,翌年北京条約を締結。この条約により,黒竜江左岸およびウスリー川以東の地域はロシア領となった。64‐77年駐トルコ大使。サン・ステファノ条約の準備をしロシアに有利な条約を結んだが,ベルリン会議以後外交界から身を引いた。81‐82年内相に就任し,アレクサンドル3世の下で,革命運動を弾圧し,反動政策を推進した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イグナティエフの関連情報