コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスケンデルン İskenderun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスケンデルン
İskenderun

旧名アレクサンドレタ。トルコ中央南部の港湾都市で,同名県の県都。地中海に面するイスケンデルン湾の東岸に位置し,スエズ運河の開通 (1869) まではインドやイランにいたる内陸通商路の起点であった。オスマン帝国アレッポ地方に属する港であったが,1918~37年の間はフランスの委任統治下におかれた。同市付近がトルコへ返還されてからは港湾施設が改良され,トルコ海軍の基地となり,また化学肥料を主とする工業の創設などによって急速に発展した。アダナアンカライスタンブールとは空路で結ばれる。人口 15万 4807 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イスケンデルン【İskenderun】

トルコ南部,シリア国境に近く,地中海の北東端に湾入する同名湾に面する港湾都市。ハタイ県の主要都市。人口15万7000(1994)。古代にアレクサンドロス大王によって建設されたといわれ,旧名アレクサンドレッタAlexandretta。イスラム時代にはアレッポと結ぶ港として重要であった。第1次大戦後フランスの委任統治下におかれたが,1939年トルコに返還された。第2次大戦後港湾設備の改良,近代化が進められ,現在ではイスタンブール,イズミルメルシンに次ぐトルコ第4の重要港。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスケンデルン
いすけんでるん
skenderun

トルコの小アジア半島南東岸に位置し、地中海の一支湾イスケンデルン湾に臨む港湾都市。ハタイ県に属する。人口15万9149(2000)。旧名アレクサンドレッタは、この町の建設者アレクサンドロス大王の名によっている。東方のディヤルバクル県、シールト県の油田から送油管が通じ、また付近にはクロム鉱の産がある。鉄鋼、化学肥料工業も発達する。トルコ海空軍の基地もある。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イスケンデルンの関連キーワードアレクサンドリア(エジプト)アレクサンドリア[古代]サイクス=ピコ協定イッソスの戦いボラ(風)バース党

イスケンデルンの関連情報