コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスタンブール宣言 イスタンブールセンゲン

デジタル大辞泉の解説

イスタンブール‐せんげん【イスタンブール宣言】

《「臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言」の略称》2008年、国際移植学会が中心となってイスタンブールで開催された国際会議で採択された宣言。臓器売買移植ツーリズムの禁止、自国での臓器移植の推進、生体ドナーの保護を提言している。
[補説]この宣言を受けて、日本では臓器移植法の改正論議が高まり、平成21年(2009)に15歳未満の臓器提供を認める改正法が成立、平成22年(2010)7月に施行された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イスタンブール宣言

死体(脳死心停止)からの臓器提供の推進▽臓器提供と移植は自国内で賄う▽臓器売買の禁止▽生体移植ドナーの安全確保を求めた。国際移植学会が中心となって78カ国の代表者が集まり、トルコのイスタンブールで2008年に開かれたサミットで採択された。

(2013-12-17 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

イスタンブール宣言の関連キーワードUN‐HABITAT国連人間居住会議国連人間居住計画小児臓器移植死体補説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イスタンブール宣言の関連情報