コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラエリ イスラエリIsraeli, Isaac ben Solomon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラエリ
Israeli, Isaac ben Solomon

[生]850頃.エジプト
[没]950頃.チュニジア,カイルワン
ユダヤ人の医者,哲学者。カイルワンの宮廷医師となった。医学的著作は,中世に有名であった『熱について』という書物のなかに翻訳で収められている。哲学書には『定義の書』『要素について』『精神と魂についての研究』『物質について』『要素に関する章』などがあり,いずれもマイモニデスらに高く評価された。彼は存在の諸段階を知性 (ヌース) よりの一連の流出とする一方,知性それ自身は,神の力と意志より創造された第1資料と形相との統一より成るものと理解し,いわゆるクレアチオ・エクス・ニヒロ (虚無からの創造) の概念を述べるとともに,プロチノス的な流出の概念をも主張した。彼の主張は 13世紀,ゲロナのユダヤ神秘主義に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イスラエリの関連キーワードチュニジア放線菌症

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イスラエリの関連情報