コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソノキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソノキ
いそのき / 磯木
[学]Rhamnus crenata Sieb. et Zucc.

クロウメモドキ科の落葉低木、高さ1.5~3メートルになる。枝は黄褐色で刺(とげ)はない。葉がつねに互生し、若いころ枝や葉の裏面に赤褐色の毛の生えることが特徴。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ6~12センチメートル、細かい鋸歯(きょし)があり、先端が急にとがる。6~7月、枝上部の葉腋(ようえき)に黄緑色花を開く。他のクロウメモドキ属の植物と異なり、花は5本の雄しべと雌しべがある。本州から九州にかけての山野の湿った所に生え、朝鮮、中国にも分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android