イソブチレン(英語表記)isobutylene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソブチレン
isobutylene

2-メチルプロピレンともいう。化学式 (CH3)2C=CH2 。石油分解ガスに含まれる。オレフィン特有の臭いのある液化しやすい無色の気体沸点-6.9℃。石油分解ガスからの分離か,イソブタン脱水素で得られる。重合によりイソオクタンまたは合成ガソリン,イソプレンとの共重合によりブチルゴムハロゲン化水素の付加によりハロゲン化アルキルが製造される。最近は空気酸化により合成樹脂原料のメタアクリル酸も製造される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

イソブチレン【isobutylene】

ブチレンの異性体の一。化学式(CH32-CH=CH2 常温で無色の気体。石油分解ガス中に含まれ、イソオクタン・ブチルゴムなどの合成原料。 2 -メチルプロペン。イソブテン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android