イソプレナリン塩酸塩製剤(読み)イソプレナリンエンサンエンセイザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

イソプレナリン塩酸塩製剤

製品名
イソメニール(科研製薬)

 内耳の血液の流れを改善する作用、脳血管を拡張する作用、心臓への血流量を増加させる作用などがあって、メニエール病などの内耳障害でおこっためまいの治療に使われます。


①過敏症状(発疹ほっしんなどのアレルギー症状)、重篤な血清カリウム値の低下がおこることがあります。このような症状がおこったときは、使用を止め、すぐ医師に相談してください。


動悸どうき、胃部不快感、食欲不振、吐き気、嘔吐おうと、頻脈、胸やけ、下痢、口の渇き、頭痛、頭重感、ねむけ、ふらふら感、息切れなどがおこることがあります。このような症状がおこったら、医師に相談してください。


①カプセル剤で、1日3回です。1回の服用量・服用時間・服用回数、服用期間については、医師・薬剤師の指示を厳守してください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告するとともに、使用前に薬の効果と副作用について医師・薬剤師からよく説明を聞き、注意事項をきちんと守ってください。重症の冠動脈疾患のある人、頭部外傷・頸部けいぶ外傷直後の人は、この薬は使えません。


③糖尿病や甲状腺機能亢進症こうじょうせんきのうこうしんしょうの人、妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人には、使用についての厳重な注意が必要になるので、あらかじめその旨を医師に伝えてください。


④ 副作用が出やすくなるので、薬の使用中は禁酒を守ってください。


カテコールアミン系製剤エフェドリン塩酸塩製剤、メチルエフェドリン製剤を使用中の人は、この薬を使えません。また、サルブタモール製剤アミノフィリン水和物製剤などのキサチン系製剤、プレドニゾロン製剤ヒドロコルチゾン製剤などのステロイド剤、フロセミド製剤などの利尿剤、ジゴキシン製剤などと併用すると不整脈を起こすことがあります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android