コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチガヤ Pogonatherum crinitum (Thunb.) Kunth

世界大百科事典 第2版の解説

イタチガヤ【Pogonatherum crinitum (Thunb.) Kunth】

日当りのよい山の斜面に生える小型のイネ科の多年草(イラスト)。和名の鼬茅(いたちがや)は黄褐色の毛の生えた穂をイタチに見立てた。は細いが硬く,密生して株を作る。茎の高さは10~20cm,節に毛があり,基部に硬い鱗片がある。葉は茎の節につき,短い披針形で長さは5cm以下,幅は4mmほどで,鮮緑色をしている。夏から秋にかけて,1個の穂状の花序が茎の頂に出る。穂は短い円柱状で,立ち,長さは2cm前後,白い毛が密生するが,これに混じる芒(のぎ)が黄褐色で全体にきつね色に見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタチガヤ
いたちがや / 鼬茅
[学]Pogonatherum crinitum (Thunb.) Kunth

イネ科の小形の多年草。稈(かん)は株立ちして硬く、高さ10~25センチメートル。8~10月、長さ2~3センチメートルの分枝しない花序をつける。小穂は2小花をもち対(つい)をなして花序の軸につく。第2包穎(ほうえい)と第4穎に長い直立した黄金(こがね)色の芒(のぎ)をもつ。紀伊半島以西から沖縄にかけて山野の切り通しなどに生え、中国、東南アジアに分布する。名は黄金色をした花穂の形と色をイタチの尾に見立てたもの。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イタチガヤの関連キーワード日当り

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android