コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア弦楽四重奏団

世界大百科事典 第2版の解説

イタリアげんがくしじゅうそうだん【イタリア弦楽四重奏団 Quartetto Italiano】

イタリアの作曲家マリピエロの尽力で1945年結成された。当初は新イタリア弦楽四重奏団と称したが,51年より現在の名称となった。イタリア屈指の四重奏団で,明快で透明なひびきを特徴とする。特に古典派の作品をレパートリーとし,モーツァルトおよびベートーベンの弦楽四重奏曲全曲録音も手がけている。長年の活動に裏づけられた確かなアンサンブルと構成感には定評がある。【西原 稔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア弦楽四重奏団
いたりあげんがくしじゅうそうだん
Quartetto Italiano

1945年に北イタリアのレッジョで結成された弦楽四重奏団。設立当初は新イタリア弦楽四重奏団と称していたが、51年に現在の名称になった。美しい音色、透明なアンサンブルの響き、優れた造型感覚によって早くから注目され、51年アメリカ演奏旅行の成功によって世界的な名声を獲得した。73年(昭和48)初めて日本を訪れた。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イタリア弦楽四重奏団の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android